2019/11/09 04:11

先日、「バルセロナ展」に行ってきた。

バルセロナの19世紀〜20世紀初頭の時代に関するアーチスト作品が来ていた。

ピカソはスペイン、マラガ出身だが、バルセロナの美術学校を経てパリへと進んでいく。

展示の中には、ピカソ の作品、「泣く女」もあった。

「泣く女」は、ピカソ の愛人ドラ・マールをモデルにした作品で100種類以上のバリエーションがある。その中の一枚、モノクロのエッチング?が、来ていた。

ピカソの作品を久しぶりに生で観る事ができて、アートミーハー的に内心めちゃくちゃ喜んでいると

この作品の説明に


 「泣く女」は、その後の「ゲルニカ」に繋がっていく。

と書いてあった。

「ほー❗️そうだったのか!」 

なかなか進まなかった、ゲルニカにやっと進める兆し😊😅😅😅


前回の読み物は👉こちら💁‍♀️